Wizard Notes

Pythonを使った音楽信号分析の技術録、作曲活動に関する雑記

python の ローカルwebサーバ で React の勉強のためのサンプルコードを動かす

最近新しい Web 音楽アプリを作ろうと考えています。 音楽関係の信号/情報処理はPythonを使いたいため、 サーバサイド: flask クライアントサイド: React という構成を検討しています。 React の勉強と理解のためにサンプルコードを走らせたり、実装した各…

Python:あるディレクトリの複数の特定拡張子ファイルをまとめて削除

Pythonでファイル処理をしていると、例えば、 「あるディレクトリ(フォルダ)の中にある、 ".png"と".wav"と".txt"という拡張子のファイルを全て削除したい」 というような状況がよくあります。 このような、あるディレクトリの複数の特定拡張子ファイルを…

Python:Spotify Web API であるアーティストの全てのアルバムの全楽曲情報を取得する

市販楽曲の情報を入手する手軽な手段として、Spotify Web APIがあります。 以前の記事では、キーワードを入力して楽曲を検索していました。 www.wizard-notes.com しかし、この方法だとあるアーティストの名前をキーワードとして与えても、そのアーティスト…

Python用 Spotify Web API "spotipy" の楽曲・アーティストを検索(インストール方法,サンプルコード,API仕様)

楽曲の検索やメタ情報に関する Web API を提供しているサブスクリプション型音楽サービスはいくつかあります。 中でも Spotify Web API は様々な機能が提供されています。手軽に使えますし楽曲数も多いため、オススメの API です。 github.com 今回は、Spoti…

Python:audioread で mp3, aac, m4a 形式のオーディオファイルをNumPy配列として読み込む

以下の記事にありますように、Python ではオーディオファイルの読み込むライブラリが複数あります。 しかし,.mp3, .aac, .m4a といった圧縮コーデックを読み込むものは多くありません。 www.wizard-notes.com 今回紹介する audioread では ffmpeg のような…

LibROSA:音楽のBPM・テンポ分析に便利なテンポグラムを数行で実装

音楽の分析方法としてBPM・テンポの分析は非常に重要です。 BPM・テンポの分析を行うことで、楽曲の雰囲気、ノリ、音楽ジャンルといった全体的な特徴を捉えることができます。 BPM・テンポの分析方法としては、テンポグラムという便利な手法があります。 テ…

Python:様々な拡張子&複数の楽曲ファイルを読み込んでNumPy配列として格納(wav, flac, mp3, aac, m4a, alac, etc.)

表題のとおり,様々な拡張子に対応し,複数の楽曲ファイルを一括でNumpy配列に変換する関数です。 大量の音楽ファイルを分析する場合にオススメです。 ファイルの読み込みは librosa.load() を使っています。 librosa.load()は引数にサンプリング周波数を与…

定Q変換のPython 実装:バッチ処理向けの実装方法の紹介と計算速度の比較

前回の記事では,音楽信号の音高分析に便利な定Q変換 (CQT)のアルゴリズムや実装方法による計算速度の比較を行いました。 www.wizard-notes.com 結果として,再帰的ダウンサンプリング法による定Q変換がリアルタイム処理で実用的な計算速度であることが分か…

米津玄師のアルバム収録曲の BPM 一覧(diorama, YANKEE, Bremen, BOOTLEG, STRAY SHEEP)

米津玄師のアルバム収録曲のテンポ分析に興味があったので、まずは楽曲を聞いてBPMを算出してみました。 BPMはWaveTone を使って手動+自動解析しています。 小数点以下がある場合は小数第一位を四捨五入して整数にしています。 各アルバム楽曲のBPM diorama…

定Q変換のPython 実装のアルゴリズム/実装方法による計算速度の比較

音楽信号の音高分析に便利な定Q変換 (CQT)。 これまでにいくつか計算アルゴリズムや実装方法の種類を紹介してきました。 おそらく再帰的ダウンサンプリング法が速いと思っていたのですが、条件によっては疎行列計算と変わらないことがあったりと、実環境での…