Wizard Notes

音楽信号解析の技術録、作曲活動に関する雑記

Python: PyTagLibで音楽ファイル (wav, flac, mp3, m4a, aac) のタグ情報抽出

Pythonで音楽ファイルのタグ情報を抽出するライブラリの一つとして、mutagenがあります。 www.wizard-notes.com www.wizard-notes.com mutagenは個々の拡張ファイルに特化したタグ抽出が可能ですが、様々な拡張子をまとめて扱う際には条件分岐が多くなってし…

PythonとOpenCVでスペクトログラムを画像データ(jpeg, png)として保存

オーディオ信号のスペクトログラムをプロット/保存する方法としては、matplotlibのimshow()を使う方法がありますが、今回はスペクトログラムを純粋な画像データとして保存する方法を試してみました。 実装 import librosa import numpy as np import cv2 bi…

はてなブログのテーマを"Brooklyn”に変更&カスタマイズ

以前まで、このはてなブログのテーマとしては、2次元レイアウトであるテーマストアの"Silence"を使っていましたが、 entry-description (記事説明文)を見やすくしたい*1 PC閲覧時のレイアウトをシンプルにしたい という理由で、1次元レイアウトである Broo…

PyQt: シグナル/スロットを使ってスレッド中・終了時にウィジェットを描画

別スレッドで走っている計算処理の終了後、計算終了を通知するメッセージボックスを表示する 別スレッドでオーディオファイルを再生し、再生終了時にQWidgetを操作する というような、サブスレッド終了後にウィジェットを非同期的に操作する処理を書いてみま…

PyQt: 複数のQPushButtonに単一スロット(値の受け取り関数)を割り当てる

PyQt で複数のQPushButton Widget を使う場合、愚直に書くと以下のようになります。 class MainWindow(QWidget): def __init__(self, n_buttons): super().__init__() layout = QVBoxLayout() self.setLayout(layout) button = QPushButton(f"Button 0") but…

PyQt: setStyleでWidgetのデザインを変更する

PyQt ではapp.setStyle(style_str)によってWidgetのデザインを変更することができます。 デフォルトスタイルはstyle_str="Fusion"ですが、環境によって"Windows"や"QtCurve"などを使うことができます。 この記事では、Win10で利用可能なPyQtのスタイルを確認…

PythonでSSM(自己類似度行列)を使って楽曲構成(Aメロ,サビなど)を分析

計算機を使った音楽分析技術の一つとして、楽曲構成(Aメロ、Bメロ、サビ)を分析する方法があります。しかし、日本語で技術の具体的な実現方法や実装について説明のある文献はあまり多くありません。また、Pythonの音楽分析ライブラリ LibROSA にはまだ実装…

Python resampyで音声ファイルや音楽ファイルをリサンプリング

オーディオファイルのサンプリング周波数変換処理(リサンプリング)は非常によく利用する処理です。 信号処理のプログラムを書いていると、リサンプリングはなるべく高速に処理して欲しくなります。特に大量のデータを扱っている時や、時間的に長いオーディ…

HP Spectre x360 の純正ACアダプタの代わりに USB PD充電器購入

DTM/開発用のメインPCとしてHP Spectre x360 13インチを使っているのですが、つい先日、ACアダプタが壊れてしましました。 AC アダプター(オプション) 日本HP Directplus デザインが良いため純正ACアダプタを買い直すことも考えましたが、持ち運び等を考…

Python matplotlibでリアルタイムスペクトログラム描画の実装

Pythonのmatplotlibでリアルタイムスペクトログラム描画。音と同期再生を考えると、真面目に描画するのは全然間に合わないのでPyQtGraph使うべきで、多少サボっていい加減な描画でいいなら使えなくもないかも…という印象 pic.twitter.com/LNJCavKWRf— Kurene…