Wizard Notes

音楽信号解析の技術録、音楽のレビューおよび分析、作曲活動に関する雑記です

リモートデスクトップ(Windows)でexplorer.exeが死んで操作不能になったのを[Ctrl]+[Alt]+[End]で解決できた話

この記事をシェアする

タイトル落ちです。

私は普段、会社のPC(Windows)にリモート接続して仕事をしています。

ふとした拍子に explorer.exe が死んでしまい、

次の瞬間リモートデスクトップの画面は真っ暗&操作不能に。。。

ローカルマシンであれば

  • [Ctrl]+[Alt]+[Delete]でサインアウト/再起動
  • 「ファイル名を指定して実行」で再起動

などで復活できますが、リモートデスクトップでは

これらのキー操作はローカルマシンに割り当てられてしまい

リモート接続の場合はPCの場合は復帰できず。

どうしよう...と焦っていたところ、こんな記事を見つけました。

WindowsのリモートデスクトップでCtrl+Alt+Deleteを送信する:Tech TIPS - @IT

ということで、[Ctrl]+[Alt]+[End] でサインアウトし、

再度サインインすることで復活できました。

Windowsにリモート接続して仕事している方は覚えていて損はないかもしれません。。