Wizard Notes

Python, JavaScript を使った音楽信号分析の技術録、作曲活動に関する雑記

リアルタイム雑音抑圧処理:適応線スペクトル強調器 (ALE) のPython実装と適用例

音信号向けの簡単かつ実用的なリアルタイム向け雑音抑圧処理として,以下の書籍で適応線スペクトル強調器 (ALE) が紹介されていました. 上記の書籍を参考にしつつ,Pythonでの適応線スペクトル強調器 (ALE)の実装と,様々な信号への適用例を紹介します。 適…

xlsxやcsvのデータをExcelで間引く方法(INDIRECT, SUBSTITUTE, ADDRESS, ROW, COLUMN関数)

サンプル数が大きい時系列データや周波数応答が格納されたxlsxやcsvファイルをExcelで開くと、かなり動作が重くなることがあります。 そのようファイルでグラフをプロットのような操作をするのは動作が遅いため苦行ですし、Excelが突然落ちるリスクも高くな…

オーディオテクニカの耳掛けヘッドホンの耳掛け部の特許

オーディオテクニカは ATH-EW9 のような耳掛けヘッドホンを販売しています。 www.wizard-notes.com これらの機種の共通の特長として、耳にフィットしやすいイヤハンガーがあります。 この独特なイヤハンガーは、耳への締め付けを向上させるだけでなく、ヘッ…

和音のモダリティ(明るいー暗い/嬉しいー悲しい)を算出するモダリティ曲線 (Modality Curve) のPython実装

不協和度、緊張度に引き続き、“The Psychophysics of Harmony Perception: Harmony is a Three-Tone Phenomenon” より和音の明るさー暗さや嬉しさー悲しさを表すとされる和音のモダリティの算出モデルについて紹介します。 また、モダリティ曲線を算出するPy…

和音の緊張度を算出する緊張度曲線 (Tension Curve) のPython実装

前回に引き続き、“The Psychophysics of Harmony Perception: Harmony is a Three-Tone Phenomenon” より和音の心理数理モデルのPython実装を行います。 今回は、和音の緊張度を分析する数理モデルを扱います。 用途としては、減3和音や増3和音のような緊張…

和音の協和度を算出する不協和度曲線 (Dissonance Curve) のPython実装

和音の響きはその音楽の雰囲気を分析する重要な要素です。 長/短3和音のような明るい/悲しいといった響きから、ジャジーな和音の複雑で豊かな響きまで様々です。 このような和音の響きを計算機で分析する方法はいくつかあります。 今回は、和音がどのくら…

FL Studio で Miroslav Philharmonik 2 のクラッシュを防ぐ方法

IK Multimedia の高品質なオーケストラ音源 Miroslav Philharmonik 2 (CE) は、セール時だとCEで5~6千円、完全版でも1万円台で買えるコスパの良いオーケストラ音源です。 しかし、FL StudioではプラグインがDAWを巻き込んで頻繁にクラッシュするという問題が…

1次IIRオールパスフィルタでローパス/ハイパスフィルタを作る(Python実装)

「信号処理に欠かせないオールパスフィルタ―の概要・使い方・利用例」では、オールパスフィルタによって低演算量で様々な周波数特性のフィルタを作成できることを紹介しました。 www.wizard-notes.com この記事では、その具体例として1次IIRオールパスフィル…

信号処理に欠かせないオールパスフィルタ―の概要・使い方・利用例

※2022/9/28: λの算出式の符号が間違っていたためプロットとともに修正 信号処理におけるフィルタとしては、ローパス/ハイパスフィルタのような振幅特性を活用するフィルタが良く知られています。 しかし、一方で位相特性のみに影響を与えるオールパスフィル…

Python:VSTプラグインのようなエフェクター(音響効果処理)を簡単に実装・リアルタイム再生できるクラスの作成

入出力の管理リアルタイム音響信号処理を使った身近な機器としては、ボーカルやギターなどの楽器で利用されているエフェクターが挙げられます。 エフェクターは信号処理としては簡単なのですが、実際にPCでプログラミングをして音を出力するのは準備が割と大…