Wizard Notes

Pythonを使った音楽信号分析の技術録、作曲活動に関する雑記

Python用 Spotify Web API "spotipy" の楽曲・アーティストを検索(インストール方法,サンプルコード,API仕様)

楽曲の検索やメタ情報に関する Web API を提供しているサブスクリプション型音楽サービスはいくつかあります。 中でも Spotify Web API は様々な機能が提供されています。手軽に使えますし楽曲数も多いため、オススメの API です。 github.com 今回は、Spoti…

Python:audioread で mp3, aac, m4a 形式のオーディオファイルをNumPy配列として読み込む

以下の記事にありますように、Python ではオーディオファイルの読み込むライブラリが複数あります。 しかし,.mp3, .aac, .m4a といった圧縮コーデックを読み込むものは多くありません。 www.wizard-notes.com 今回紹介する audioread では ffmpeg のような…

LibROSA:音楽のBPM・テンポ分析に便利なテンポグラムを数行で実装

音楽の分析方法としてBPM・テンポの分析は非常に重要です。 BPM・テンポの分析を行うことで、楽曲の雰囲気、ノリ、音楽ジャンルといった全体的な特徴を捉えることができます。 BPM・テンポの分析方法としては、テンポグラムという便利な手法があります。 テ…

Python:様々な拡張子&複数の楽曲ファイルを読み込んでNumPy配列として格納(wav, flac, mp3, aac, m4a, alac, etc.)

表題のとおり,様々な拡張子に対応し,複数の楽曲ファイルを一括でNumpy配列に変換する関数です。 大量の音楽ファイルを分析する場合にオススメです。 ファイルの読み込みは librosa.load() を使っています。 librosa.load()は引数にサンプリング周波数を与…

定Q変換のPython 実装:バッチ処理向けの実装方法の紹介と計算速度の比較

前回の記事では,音楽信号の音高分析に便利な定Q変換 (CQT)のアルゴリズムや実装方法による計算速度の比較を行いました。 www.wizard-notes.com 結果として,再帰的ダウンサンプリング法による定Q変換がリアルタイム処理で実用的な計算速度であることが分か…

米津玄師のアルバム収録曲の BPM 一覧(diorama, YANKEE, Bremen, BOOTLEG, STRAY SHEEP)

米津玄師のアルバム収録曲のテンポ分析に興味があったので、まずは楽曲を聞いてBPMを算出してみました。 BPMはWaveTone を使って手動+自動解析しています。 小数点以下がある場合は小数第一位を四捨五入して整数にしています。 各アルバム楽曲のBPM diorama…

定Q変換のPython 実装のアルゴリズム/実装方法による計算速度の比較

音楽信号の音高分析に便利な定Q変換 (CQT)。 これまでにいくつか計算アルゴリズムや実装方法の種類を紹介してきました。 おそらく再帰的ダウンサンプリング法が速いと思っていたのですが、条件によっては疎行列計算と変わらないことがあったりと、実環境での…

再帰的ダウンサンプリング法による定Q変換 (CQT) のPython 実装とアルゴリズム解説

定Q変換 (CQT)は歌声・音楽の音高/メロディ/和音を分析するのに便利な周波数分析方法です。 例えば,CQTスペクトログラムを算出すれば各音高(ドレミファ…)がどのくらいの強さで鳴っているかを時系列で観察することができます。 以下の記事では、定Q変換…

Python LibROSA で音楽・歌声をタイムストレッチ(時間伸縮) librosa.effects.time_stretch()

YouTubeやニコニコ動画のような動画サービスで0.5倍・2倍速再生が使えるのが一般的になっています。 また、サンプリングされた波形素材の時間伸縮がDAWの基本機能として搭載されていて、曲のタイミングやテンポに上手く合わせて波形素材をいい感じの長さで鳴…

LibROSA:音高分析のための定Q変換(CQT)と、逆定Q変換の性能評価

はじめに 音信号を分析する時間周波数分析手法としてはSTFT(短時間フーリエ変換)が良く使われますが,特に音楽を対象にして音高、コード、メロディなどを分析する場合は定Q変換(CQT)という手法が便利です。 www.wizard-notes.com www.wizard-notes.com …